更年期障害を乗り越えるために

女性は更年期の症状が顕著に表れるため、辛い時期ともいえるでしょう。更年期を乗り越えるために病院での治療も可能ですが、薬を使わない鍼灸の施術はおすすめです。ここでは更年期障害と鍼灸による施術のメリットをご紹介します。

更年期障害とは

40代から50代にかけて閉経する時期を中心に、卵巣機能が低下しはじめ女性ホルモンの一種であるエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンの分泌量が減少していきます。そのためホルモンバランスが乱れ、様々な体調不良が起こりやすくなるといわれています。またエストロゲンの低下により、身体の機能全体をコントロールしている自律神経も本来のリズムを失ってしまいます。ホルモンバランスや自律神経の乱れによって、日常生活に支障をきたす症状を更年期障害と呼びます。

更年期障害の主な症状

更年期障害の症状は個人差も大きく、症状が強く出る人もいれば軽い人もいます。多くみられる症状としては、自律神経失調症状からくるほてりやのぼせ、発汗や冷え、動悸息切れ、精神神経症状からくる不眠やイライラ、孤独感、憂うつ、頭痛、その他にも疲労感、倦怠感耳鳴り不安感、肩こり腰痛など多岐にわたります。

鍼灸治療でのメリット

更年期障害の治療方法は、婦人科で処方される薬を飲むことも一つの方法です。しかし薬での治療は一時的なもので、再び症状がきつくなることもあり、根本的な解決とはいえません。鍼灸は身体全体をトータルで見ることで内側から身体のバランスを整え、免疫力や自然治癒力にも働きかけます。もちろん薬は使わないので、副作用はほとんどありません。また症状は個人によって大きく差がある更年期障害にとって、一人一人の症状やお悩みに合わせた施術ができる鍼灸は大きなメリットといえるでしょう。身体が温まってリラックスし、精神的にもリフレッシュする方も多いようです。定期的に施術していくことで、精神的安定や辛い症状の軽減を目指しましょう。

更年期障害のお悩みは、竹村文近先生ご推薦(ご推奨)の鍼灸ひがしにお気軽にご相談ください。根本から身体を変化させることで、つらい更年期障害を軽くするお手伝いをさせていただきます。世田谷経堂で鍼灸院をお探しであれば、鍼灸ひがしをぜひご利用ください。