春に肩こりが増える理由

季節の変わり目には、肩こりに悩む方が少なくありません。特に春になると、肩こりに悩まされる方は増える傾向にあるようです。春の肩こりは男性より、女性に多い特徴があります。こちらでは、春に肩こりが増える理由についてご説明致します。

自律神経の乱れと気候の変化に関わりがある

春に肩こりが増える理由の1つに、自律神経の乱れと気候の変化があげられます。自律神経には、活発的に働く交感神経とリラックス時に働く副交感神経があります。これらの神経がバランスを取っていることで身体を一定の状態に保つことができますが、自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になってしまうと肩の筋肉が緊張してしまい、肩こりを引き起こしてしまいます。自律神経が正常に働いていれば、気候の変化に適応させることができ、春の肩こりといった不調を感じることはありません。

しかし、季節の変わり目は気候の変化が激しく、気温に合わせようと身体は大忙しで対応しようとします。特に春は気温の差が激しく、暖かい日が続いたと思えば肌寒い日が突然やってくることもためうまく対応できず、血液の循環が悪くなりがちになります。その結果、春は肩こりを強く感じてしまうのです。

環境の変化によるもの

環境の変化も春の肩こりが増える理由として挙げられます。春は卒業・入社・転勤・異動・引越しなど、環境の変化が多くある時期です。環境が変わると、その変化に対応するために身体はストレスを感じてしまいます。環境の変化に適応するために交感神経が優位な状態となり、筋肉がずっと緊張してしまいます。それによって、うまく血液が巡りにくくなり、肩こりを感じやすくなってしまいます。環境の変化に適応するには時間がかかってしまうことがありますが、リラックスする時間を作るなど、上手くストレスを解消することが大切です。手軽な運動であればウォーキングやエクササイズなどがおすすめです。身体を動かすことで、モヤモヤした気分が晴れます。また、鍼灸院の施術を受けることも肩こりを解消する1つの方法です。

経堂にお住まいで肩こりに悩まされている方は、鍼灸ひがしの施術を受けてみませんか。

鍼灸ひがしは世田谷区経堂にある鍼灸院です。鍼灸による全身の施術でご案内しており、身体の悩みを根本的に解消する施術を行なっております。
肩こりだけでなく、腰痛頭痛女性疾患に関することもご相談ください。