身体へ様々な影響を与えてしまう腰痛

腰痛は国民病といわれるほど、多くの方がその痛みに悩んでいます。腰痛を放置してしまう方も少なくないですが、腰痛が原因で様々な部分へ悪影響を与える可能性もあります。腰痛は身体へどのような悪影響を与えてしまうのでしょうか。

姿勢が悪くなる

腰痛は立っているだけでも辛く、痛みを緩和しようとするために前かがみの姿勢になりがちです。長い間前かがみの姿勢が続いてしまうと、姿勢が悪くなってしまい、背骨が変形して歪んでしまう可能性があります。背骨が歪んでしまうことで、腰痛の悪化を助長させてしまうことにも繋がるので、注意が必要です。
また、不自然な姿勢を保とうとするために腰の筋肉に負担がかかり、筋肉疲労を引き起こすことに繋がります。

不安定な歩行になる

痛みをかばって腰の負担を減らそうとした歩行になるので、しっかりと足をあげずに、すり足のような歩き方をしてしまうこともあります。そうなると、つまずいてケガをする可能性も高くなります。また、身体のバランスを保つために、足の裏の感覚が重要な役割を果たしています。腰痛による不安定な歩行は、上手く足の裏の感覚をつかめないため、結果としてバランスが崩れて不安定な歩行になってしまうのです。

様々な疾患の原因となる

腰痛を放置してしまうと、ヘルニアやぎっくり腰などにつながりやすくなります。ヘルニアは腰の痛みだけでなく、しびれも引き起こし、立ち上がれないほどの痛みを伴うこともあります。また、痛みの辛さが精神的負担となり、うつやパニック障害などの精神疾患に繋がる可能性もあるので、つらい腰痛は我慢せずに、はやめに鍼灸院などでケアをしてあげることが大切です。

世田谷区で鍼灸院をお探しであれば、鍼灸ひがしに足をお運びください。世田谷区にある鍼灸ひがしでは、お客様一人一人に合わせた鍼灸施術を行なっております。腰痛だけでなく、頭痛肩こり女性特有の身体の悩みについてもご相談を受け付けております。世田谷区にお住いで腰痛に悩まされているのであれば、ぜひ鍼灸ひがしをご利用ください。